2011年6月19日号 「会議フル;Day 4 クラスレポート」会議に英語で飛び込もう!その26

 ◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

【e4b通信】2011年6月19日号
「会議フル;Day 4 クラスレポート」会議に英語で飛び込もう!その26
 発行:e4b         http://www.g-e4b.jp/ 
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

 

皆様こんにちは。

わたしは日本で育ったビジネスマンが外国人と互角に意見交換ができるような
人を育てたいと思っています。それはまずは母国語で仕事ができる自分を
育てる時間はやはり必要で、社会人になって必死に仕事をこなす時間は
必要だと考えています。でも仕事をやりながら英語をある方法で学べば
TOEIC500程度の方なら2,3年後には思考は英語にのせられるな、
と見えてきました。

基本はリスニングの絶対量を早く2000時間超えること。

そしてリスニング(シャドーイング)からスピーキングに転換することです。

あなたがその会社で経験3年目なら、アメリカ人の経験0年のひとと
互角にもしくはリードする程度に
あなたがその会社で経験10年目なら、アメリカ人の経験7年のひとと
互角にもしくはリードする程度に
なってほしいな、と思っています。

それは
英語が話せるだけではなくて、
聞いて、意見交換して、仕事ができるように
なってほしいと思っています。

なんで3年か、というと、やっぱり日本語で仕事をきっちり覚えれば、
言語レベルではなく感覚知で「あ、この会議ではつぎこういえばいいな、
この話はこの会議の前にあの人にまず通せばいいな」ってわかりますよね。

その体感って大事。
それに英語がのることが大事だと思っています。

これは私見ですが、日本語が母国語なら、日本語でしっかり思考を育てる、
という部分は英語で仕事をすることを目指すにしても絶対に無視できない、
と思っています。
その思考にのる表現をチャンクでためるのです。しかも
リスニングからね。

そして社会人なら目上の人とも話さなければならないのですが、これは
しっかり状況に合わせた表現をしないといけませんね。これはケースが
効率がいいと思っています。

2年なんて短いと思う??かな??シャドーイングは効率がいいと思います。
本気なら、効率的に戦略的に学習しましょう。「そんなのうそだよね。」と
思える学習法も世の中たっくさんありますが、惑わされないでね^^

さて、今日は、こんなことを書きます!

 

================================

過去に行ったクラスです。ご参考までに。

現在の募集は「クラスのご案内」からご確認ください。

 

☆☆☆
会議フル7月期リリースしました。
☆☆☆

会議フル7月期リリースしました。
7月23日からまたface2faceのクラスを東京日本橋にて
行います。コミュニケーションのために英語を勉強するならば
英語のリスニングをしてから英語のスピーキングをすることがこつです。
リスニングをしないでスピーキングばっかりしても
なかなか上達しないんですよ。
それは知っている表現の絶対量が全く足りないから。
まずは使える表現やきいてわかる英語のブロックを
チャンクとして取り入れましょう。
このクラスは英語の会議の処方箋として、
またこんな学習の基礎動作をすればいいよ、と提唱して、
最終的はケースディスカッションをするように組んでいます。


クラスは4回全部受講いただくと
会議のための英語の勉強の仕方
効率よく会議運営ができて
相手にうまく切り込める表現のチャンク
がたまります。
そして
マナーや思考の違いを日本語で整理したあと
ケースを元に
ディスカッションをしていきます。
その表現を後で聞いて
もっといい表現は何かを検証していきます。

急に英語の会議にでなくてはならなくなった、
急にテレカンが増えてきた
そんな方にお薦めです。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。