75号【e4b通信】会議に英語で飛び込もう!「会議フルのクラスレポート」(2011年2月6日号)

過去に行ったクラスです。ご参考までに。現在の募集は「クラスのご案内」からご確認ください。 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
【e4b通信】2010年2月6日号
「会議フルのクラスレポート」会議に英語で飛び込もう!その22

 発行:e4b         http://www.g-e4b.jp/ 
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

================================

 

★言葉の整理:
・face2faceは日本橋で行うクラス。
・WEBクラスはWEBで行うクラス
・会議フルは「会議に英語でとびこむチカラをつける4DAYS」のことです

1、会議フルのクラスのレポートから始めます。
2、「目標はテレカン参加」の勉強法
☆☆☆
1、会議フルのクラスのレポート
★★★
会議フルのDAY1は2011年1月23日(日曜日)に
行いました。
自己紹介を英語でさらっとしてもらいました。
外資系勤務だったり、テレカンで業務をこなされたり、
今は使わなくてもこれからのビジネスパーソンに英語は必須だ、
と意識の高い方ばかり。さすがに英語で話すことはすらすら。
でも譲り合いの精神だった雰囲気がありました。で、わたしが、、、
「あらら、えー、それは日本人のマインドセットですよー。
外国人とお仕事したいなら、競争してチャンスをつかむ
くらいでないと。who is next?っていったら
 let me  try!とかmy turn!と主張して発言機会を視線を
自分にもってこようね。」なんて
いうとすぐに皆さん手を上げて発言してくれました。

それから、視線や声のトーン、手の動きなど
自分の印象をどうコントロールするか、なんてことも
一人ひとり見ていきました。
はじめは英語がとつとつとしていた参加者の方も、
ここをコントロールすると見違えるような印象。
まーるで、香港からきたMBAみたい(爆笑)なんて。
外国のビジネスパーソンから自分が英語で発言しているとき
どう見えるかな、そんなことを意識しながら、
信頼できる人に見えるボディランゲージも加えます。
face2faceのクラスでは一人ひとりの現場力を
プロデュースする感じで
育てたいな、と思っています。
☆会議フル参加ご希望の方はお早めに。
予習をしっかりしてきていただくと
より高いレベルのクラスができます。
会議フルの詳しい日程はhttp://www.g-e4b.jp
をご覧ください。

====
2、「目標はテレカン参加」の勉強法

テレカン参加を目指したシャドーイングは
聞こえにくい音(ポリゴンできくと聞こえないー)とか
雑音があっても文法が崩れてた英語でも
類推してわかるチカラをつけること。

相手は雑音高い空港から入ってきたり、水をコップについだり
文法がめちゃくちゃだったり
現場ってTOEICのリスニングみたいにきれいじゃない。
だから、そんな現場の雰囲気と同じ環境の音でも
類推して聞ける力が必要です。

それから、仮定法過去完了は、TOEICではでても、
会議では、あんまりつかわない。
受験生の足きりには便利だけれど、ビジネスではでない。
もし、~していたら~だっただろうに。。。(でもそうじゃない)
なんていったら、愚痴??
とっととやっとけよ!といわれません?

それより、「現象は●で真因は○。
この場合の対応策のオプションは
ABCで判断軸はX、よって今回はCを選びます。」
なんて発言が現場が動く話し方でしょう?

会議で使うコミュニケーションのチカラをつけましょう。

それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて、
本当にありがとうございました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行:株式会社e4b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━