73号【e4b通信】会議に英語で飛び込もう!「リスニングアップの秘訣:サイトラ」(2011年1月12日号)

================================

過去に行ったクラスです。ご参考までに。

現在の募集はトップページからご確認ください。

=================================

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
【e4b通信】2010年1月12日号
「リスニングアップの秘訣:サイトラ」会議に英語で飛び込もう!その20

 発行:e4b         http://www.g-e4b.jp/ 
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
================================
今年も時間の許す限りメルマガを出していきますので
よろしくお願いします。

さて、今日は「リスニングアップの秘訣:サイトラ」
についてお話しします。

☆☆☆
「リスニングアップの秘訣:サイトラ」
★★★
e4bは仕事をするための英語を学びたい方を対象としています。
英語を勉強をする、ということと
英語を仕事でする、ということの
違いはなんだろう、と考えてみると

「求められる量とスピード」が違います。

お仕事の現場で英語を使い始めると

1、メールが英語になり、(英語)
2、返事が英語になり、(英語)
3、メールでもめると電話会議になり(英語)
4、合意内容を上司に報告して(日本語)
5ここでもし上司からだめだしが入ったりして
意思決定が違うと、
6、さらに外人担当者と電話会議をして、(英語)
7、ここでもめると海外の上司と自分の上司と話しをするため
たまに通訳させられたり(英語)
とう形で
いろんなやりとりが英語や日本語で行われます。
そして当たり前ですが、仕事では英語を理解するだけではなく
考えて、応答したり、処理していかなくてはなりません。

で、学習とナニが違うかというと
疲れたからと言ってやめられず、
わからないといってやめられず、
疲れてとちると仕事が雪だるまに膨れ
そして、24時間営業になることです。
(特に欧州相手は、ね。)

こんな風に英語でお仕事をスピーディにこなすことを
要求される場合
英語を速く正確に理解していくチカラが必要です。

前から理解をする力をサイトトランスレーションというスキルで
磨いていきます。

会議フルのクラスでは
Day1、Day2にて
ビジネスで活躍できる英語力を獲得するワザをあつかいます。
そのひとつがこのサイトトランスレーション、です。

サイトトランスレーションは「イチローの素振り」みたいな
もの。だから、覚えてしまえば基礎動作としてだれでもどこでも
できます。
みなさんは、英語を学んで、最終的には、自分の職場で
活躍したいのでしょう?

だったら、実はビジネス英語の一番の教材は
みなさんの「会社の会議資料」なのです。
会議資料をサイトラしてしまえば、
会議力はつきます。

会議フルのクラスは短いけれど、
そんな「活かせる」ワザを教えます。

サイトトランスレーションのスキルを覚えて
会議への参加力を上げませんか?

====
それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて、
本当にありがとうございました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行:株式会社e4b
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━