68号【e4b通信】会議に英語で飛び込もう!「クラスはこんな感じです。」(2010年11月26日号)

================================

過去に行ったクラスです。ご参考までに。

現在の募集はトップページからご確認ください。

=================================

 

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
【e4b通信】2010年11月26日号
「クラスはこんな感じです。」会議に英語で飛び込もう!その15
◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆
こんにちは。皆様お久しぶりでした。
私は年間の児童英語教育のカリキュラムを作成
していました。小学生は、上手にリードをすると私よりずっと
発音が上手になるので、驚いてしまいます。ただこの
本質的なコミュニケーション力を育成する、ということは
e4bともつながっています。

小さいうちからコミュニケーションのチカラが育成できれば、
大人になってから苦労は少ないですよね。


さて、会議に英語でとびこむチカラをつけるコースをしています。
少しだけ、クラスにいらっしゃる方のプロフィールや、クラスの様子を
ご紹介しますね。

1、e4bの受講生の横顔。

受講生の皆さんは学びに自己投資をすることに躊躇しない方が多いです。
今って二極化していますよね。企業の中にとどまって仕事をするにも
独立するにも、「専門的な知識」があるかないか、また
ぐらっとかわる経営環境に耐えてタフに考え続けるチカラ
が求められています。
そのため、自分に投資をする、ということに迷いのない方が多いです。
技術的な力があるけれど、英語のコミュニケーション力を上げて
グローバルな世界で羽ばたきたい人、とか。
会計の素地があるけれど、会議でもどかしいので、
英語の力を上げたい、とかきちんと目標のある方が多いです。

2、e4bのクラスではこんなことをしています。

受講生の数やコミュニケーションスキルのレベルによって、
またそのときの人数によって代わるのですが、
以下のようなことをしています。

2-1まずは、シャドーイングをしていただきます。
何も見ないで落としているところがあるか、ないか、
細かくチェック。できていないところは
発音指導をしていきます。

ここで、発音の口の形が違っていれば、
フォニックスの要領で基本の音をチェックします。

2-2 大体OKであれば、サマリーに移ります。
あなたの言っていることをこう理解しましたが、これで
よいですか?ということを、発言できるようにします。

わかっていることを自分の言葉で相手にわかりやすく言う
というのは、慣れていないとすぐにできないからです。
この段階では、言葉ではわかったけれど、解釈上自分は
こう理解しているということも含めて会議運営ができるように
鍛えます。
話題によって、例えばマーケティングであれば4P, 
その他のフレームワークに
整理をしたり、3つのポイントに落としたりいろいろな
形でまとめられるように揺さぶります。

2-3 会議中、黙って聞いて理解したことを
ホワイトボードに立って整理しよう!
ということを提唱しています。
なぜかというと、ホワイトボードにたって会議を整理すると
会議のリードができるからです。このときのメモで
ロジックがわかるようにすることが、会議整理のこつです。

こうなると、単なる英語の勉強以上ですが、

リスニングをしながら、ロジックを絵にしておく、

ということができれば、ここはもうすぐできます。

2-4 その後必要な言葉をとっさに出せるように訓練します。
例えば「いっていることってつまりXという意味ですか」
のように、切り込んでいく言葉をチャンクで覚えてきて
いただいて、すぐに出せるようにします。

2-5 会議のとっさのひとこと集は、すごく細かい
チャンクになっています。これは長い文章をはじめから
提示すると、丸覚えをしてしまって、自分の状況で的確な
発言ができなくなることを防ぐためです。
まずは短いチャンクを覚えて、まるでブロックのように
自分で自由に組みかえられるように指導をします。

というわけで、それでは今日はこの辺で。
最後まで読んでいただいて、
本当にありがとうございました!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■発行:株式会社e4b